バナー用画像

さきたま古墳公園再訪 2019_09_29

本日、さきたま古墳公園を再訪しました。
6月18日に訪問したときには「埼玉県立さきたま史跡の博物館」が休館日で見学することが出来ずに終わってしまったので、そのうちに再訪しなきゃいけないって思っていました。

ようやく涼しくなってきたので、本日行ってきました。





まずは駐車場前の看板

さきたま古墳公園は駐車場の有る側(上に登れる古墳が複数有る側)と、道路を隔てて博物館の有る側に大別されます。

まずは駐車場側を見学。




この円墳の丸墓山古墳は上に登れますが、かなりの急階段をえっちらおっちら登ります。

頂上部は小さな平地になっていて、ご存知の方も多いかと思いますが、豊臣秀吉が北条攻めをした際に石田三成が忍城攻めをして、ここに本陣を置いたそうです。
重い鎧をつけて、この階段の登り下りは辛い。




稲荷山古墳。きれいな前方後円墳でここも登れます。方状の部分で祭祀をして円状の部分に埋葬していたそうです。

方状の部分から円状の部分を見るとこんな感じ。接続部はかなり低くなっています。




将軍塚古墳は登れませんが、内部は展示館になっていて、200円で入場できます(史跡の博物館にも同じ入場券では入れます)。

内部も撮影可。こんな感じの地層になっているそうです。

被葬者はこんな感じだったそうです。




そして道路まで戻り、博物館側へ。

この博物館の白眉は何と云っても国宝金錯銘鉄剣(こくほうきんさくめいてっけん)、そして同じく国宝に指定されている「ヒスイ勾玉と銀のイヤリング」「画文帯環状乳神獣鏡」「帯金具」。

剣は一番の目玉なので、展示室中央にガラスケースがあってその中に縦に設置されています。
宙に浮くように設置されていますが、もし下の部分が接地していたら、勇者の剣が刺さっているように見えるんじゃないだろうか?

いずれも展示されていて、かなり近くで見ることが出来ます。
これは良いのですが、撮影はガラスケースの上にカメラをかざしてはいけない、という規則があって事実上は撮れません。
横からなら撮っても良いということで一枚撮りましたが、(剣の鞘です)いまいちですね。

剣もなかなか撮りにくい雰囲気で撮影断念。

なので、ここは実際に見に行ってください、としか言えません。

ただ展示物自体はフラッシュを焚いたり、接写しない限りは撮影可なので適当に取りました。
埴輪がかなり大きくて、イメージが変わります。







博物館を出ると、移築したこの地方の古民家へ。
もちろん古墳時代のものではないですが……。

この古民家コーナーの脇から鉄砲山古墳、奥の山古墳なども見られますが、登ったり中に入ったりは出来ないので、周りを散歩するのみです。

梅や桜がけっこう植えられているので、その時期なら見応えがあるかも知れませんが、今は単に野原を散歩しているだけなのと大差ありません。
まあ、そうは云っても、最近はあまり外出していなかったので、気持ちの良い散歩でしたが。

やっと暑さも収まったし、寒くなる前にまた色々と見て回ろうと思った1日でした。

なお前回、行田に来た時には忍城、古代蓮の里にも行きましたが、今日はちょっと別の用事もあったので、古墳公園だけ見ておしまいです。(古代蓮の里は高いしなあ)

ザ・古墳群~百舌鳥と古市 全89基

ザ・古墳群~百舌鳥と古市 全89基
¥ 1,550
ASIN: 4903993345
140B

CS Shop

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Social Share Buttons and Icons powered by Ultimatelysocial