バナー用画像

長野旅行の2 2019_10_07

次は川中島古戦場跡へ。

サイトで見ている限りは、本当にただの公園のようになっていて、あまり見応えのある場所では無さそうだったのですが、まあ行ってみましょう。

川中島古戦場跡

あまり戦国っぽくない人の銅像があると思ったら、幕末の佐久間象山でした。
川中島古戦場跡





公園自体はこんな感じで、さっぱりとしたものです。
川中島古戦場跡

川中島古戦場跡

公園の脇には長野市立博物館があるのですが、あいにく休館日。この公園を飛ばそうかどうしようかと思ったのは、休館日と知っていたからで、そうなると本当に見るべきものが無さそうだと思っていました。

川中島古戦場跡




しかし、博物館の前の八幡社は、しっかりと古戦場の佇まいを今に残していて、ここは見応えがありました。

川中島古戦場跡

川中島古戦場跡

川中島古戦場跡

川中島古戦場跡

川中島古戦場跡




そして古くから有名なシーン。上杉謙信が一騎駆けで武田信玄に突撃し、床几に腰掛けた信玄をあわや討ち取ろうとしたシーンが銅像になっていました。

川中島古戦場跡

川中島古戦場跡

川中島古戦場跡

あと、首塚もありました。

川中島古戦場跡

川中島古戦場跡

何故、八幡様と思ったのですが、武田信玄の武田家は甲斐源氏で、源氏なら八幡様を信奉していても不思議は無いですね。
そう言えば、上杉謙信も山内上杉家の当主ですが、源氏ではなくて藤原氏の支族なのですね。(長尾家は渡来系の東漢氏らしいですね)

謙信は毘沙門天を信奉していたので、彼が造っていたら四天王寺か、曹洞宗か真言宗のお寺でもつくっていたのでしょうね。

アマゾンで川中島を検索

川中島合戦:戦略で分析する古戦史

川中島合戦:戦略で分析する古戦史
¥ 3,520
ASIN: 4562053585
原書房

CS Shop

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Social Share Buttons and Icons powered by Ultimatelysocial